グローバルEVアウトルック2023(Part 1)

2023年05月28日

本記事はGlobal EV Outlook 2023のレポートを一部抜粋し、翻訳しております。

電気自動車(EV/ PHEV)の販売台数が新記録を更新、その勢いは2023年まで続く見通し

2022年に販売台数が1,000万台を超え、EV市場は飛躍的な成長を遂げています。2022年の新車販売台数を占める電気自動車の割合が14%となりました。(2020年は5%未満で、2021年は9%)

世界の販売台数を独占したのは3つの市場でした。中国は再びトップランナーとなり、世界の電気自動車販売の約60%を占めた。現在、世界の道路を走る電気自動車の半分以上が中国にあり、同国は新エネルギー車販売の2025年目標をすでに超えている。第2位の市場である欧州では、2022年に電気自動車の販売台数が15%以上増加し、販売台数の5台に1台以上が電気自動車となったことになります。第3の市場である米国では、2022年に電気自動車の販売台数が55%増加し、販売シェアは8%に達しました。

電気自動車の販売台数は、2023年まで好調を維持すると予想されています。第1四半期には230万台以上の電気自動車が販売され、前年同期比で約25%増となりました。現在のところ、今年後半から新規購入が加速し、2023年末には前年同期比35%増の1,400万台の販売を見込んでいます。その結果、電気自動車は2023年内に自動車販売台数の18%を占めるようになる可能性があります。国の政策やインセンティブが販売を後押しする一方、昨年のような異常に高い原油価格が復活すれば、購入希望者のモチベーションはさらに高まるでしょう。

EV新興市場には、小さな基盤からではあるが、有望な兆しが見えています。電気自動車の販売台数は、主要市場以外では一般に少ないが、2022年はインド、タイ、インドネシアで成長の年となりました。これらの国の電気自動車の販売台数を合計すると、2021年に比べて3倍以上に増え、80,000台に達しました。タイの場合、2022年の総販売台数に占める電気自動車のシェアは3%を少し超える程度で、インドとインドネシアは昨年平均で1.5%程度だでした。インドでは、政府の32億米ドルのインセンティブプログラムに支えられ、合計83億米ドルの投資が集まり、EVや部品の製造が活発化しています。また、タイとインドネシアは政策的な支援策を強化しており、EVの普及を目指す他の新興国にとって貴重な経験となる可能性があります。

電気自動車の車種は、大型車やSUVを中心に増えている

電動化競争により、市場に出回る電気自動車の車種は増加しています。2022年には、選択肢の数が500に達し、2021年の450より増加し、2018年から2019年にかけて2倍以上に増加しています。

2022年のトレンドは、EV市場の成熟度の高まりを反映しており、自動車メーカーが電気自動車に対する消費者の需要の高まりに応えていることを示している。しかし、電気自動車の車種は、従来のICE車の車種に比べてはるかに少ないままであり、2010年以降1250台以上を維持し、過去10年の半ばには1500台でピークに達した。

EV車種の供給量は急速に伸びており、20162022年の年間平均成長率は30%に達しています。このような成長は、多数の新規参入企業が革新的な製品を市場に投入し、既存企業がポートフォリオを多様化させていることに起因しています。

2022年には、7カ国で約150車種以上のEVが販売されるようになり、2018年の50車種から増加。小型モデルよりも大型モデル(SUVなど)の増加スピードが速い。

世界の自動車市場において、SUVや大型車が圧倒的に多いことが大きな懸念材料となっています。自動車メーカーは、こうした車種から高い収益を得ることができるため、利益率が高く、電気自動車の開発投資の一部を賄うことができる。

しかし、大型車種は高価であるため、全体的にアフォーダビリティに大きな問題があり、発展途上市場ではなおさらである。また、大型モデルは、より多くの重要な鉱物を必要とする大型バッテリーを搭載しているため、持続可能性やサプライチェーンにも影響を与えます。

大型車種は重要な鉱物を必要とするため加工・製造・組立の段階で比較的にCO2排出が出る一方、大型EV車種は走行中の排出量を大幅に削減することができます。2022年、電気自動車のSUVは、1日あたり15万バレル以上の石油消費量を削減し、内燃機関で燃料を燃焼させることで発生するはずだったテールパイプ排出を回避することに成功しました。

2022年の自動車総販売台数は0.5%減少したものの、SUVの販売台数は2021年比で3%増加し、自動車総販売台数の約45%を占め、とりわけ米国、インド、欧州での伸びが顕著になりました。2022年のICE車の選択肢は1,300種類あるが、そのうちの40%以上がSUVであるのに対し、小型車や中型車は35%未満です。

2022年に販売された全SUVの約16%が電気自動車であり、ICE車かEVかにかかわらずSUVに対する消費者の好みを示している。2022年に販売されるBEVモデルの40%近くがSUVであり、これは小型車と中型車の選択肢を合わせたシェアに相当します。


Part 2(EV価格の推移、振興EV市場(インド、タイ、インドネシア)について)はこちら

Part 3(EV軽商用車、EV充電インフラについて)はこちら

トップコラムグローバルEVアウトルック20...

お電話でのお問い合わせ

050-3204-4395

平日10:00~17:30