ユアスタンド、広告付きEV充電器を横浜市鶴見区役所に設置、AI(人工知能)の画像認識でEV充電器制御

2021年08月24日 その他

  • 自治体
  • 目的地充電

【2023/10/26更新:2023年1月より、本設置場所の充電器を日東工業Pit-2G(3kW出力)にリプレイスさせていただきました。また、画像認証の機能を無効にし、充電プラグを挿したら自動的に充電が開始し、1時間後に自動的に停止する利用方法に変更しました。】

電気自動車(EV)充電器の導入及び運用に取り組むユアスタンド株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役:浦伸行、以下「ユアスタンド」)はこの度、長田広告株式会社(本社:愛知県津島市、代表取締役:長田一郎、以下長田広告)と「Zero Carbon Yokohama」に取り組む横浜市と協力し、鶴見区総合庁舎の来庁者用駐車場に広告付きEV充電器を設置することになりました。

背景

2018年の設立以来、ユアスタンドは首都圏の集合住宅を中心にEV充電器を導入し、自社開発のアプリやシステムでEV充電サービスを提供してきました。ユアスタンドは、集合住宅へのEV充電インフラ整備をしつつ、EV充電という分野において革新的な取り組みの展開に挑んでいます。2030年代半ばにガソリン車の新車販売禁止が宣言されている中、今後EVが普及することが予想されています。同時に、EV充電設備のインフラ整備も喫緊な課題となります。

ユアスタンドは従来の固定観念にとらわれることなく、EV充電サービスの提供を実証実験する一環で、この度は横浜市鶴見区総合庁舎の来庁者用駐車場に広告付きEV充電器を設置することになりました。本事業を通して、ユアスタンドは横浜市が掲げる「Zero Carbon Yokohama」及び、持続可能な開発目標(SDGs)の目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」に貢献します。

事業概要

本事業では、広告代理店の長田広告株式会社のご協力のもと、横浜市鶴見区役所に設置されていた故障中の充電器をユアスタンドが提供する充電システムにリプレースします。設置するEV充電器設置環境の一角を広告媒体とし、広告による収入で広告付きEV充電器の更新や維持管理にかかる費用を回収します。そのため、横浜市は機器更新費、システム利用料、電気代などの運用費を歳出することなく住民へEV充電サービスを提供することができます。

また、今回の実証実験では、AI(人工知能)による画像認識によりEV充電の開始·終了·管理を制御するシステムを提供します。機械学習を用いたスマートな無料充電サービスを来庁者に提供し、同時に施設側の定めるルールに沿った充電制御を実施します。管理者は充電動向や消費電力をデジタル化することで、より充電を可視化し、市民サービスを拡充することが可能になります。

今後ユアスタンドではサイネージ一体型の充電器の開発をすすめ、充電器を設置したい商業施設や公共施設への無償の充電サービスを提供し、クリーンな移動を実現してまいります。

設置概要

・充電設備

設置場所:鶴見区総合庁舎 来庁者用駐車場

設置場所住所:横浜市鶴見区鶴見中央三丁目201

EV充電器モデル:平河ヒューテックHCCID-K01HW

出力:3kw相当

ケーブル長さ:7.5

・利用方法

充電可能時間:最大1時間

充電料金:無料

利用可能時間:鶴見区総合庁舎の開庁時間に準ずる

会社概要

社名:ユアスタンド株式会社

代表取締役社長:浦伸行

所在地:〒231-0013神奈川県横浜市中区住吉町2-24-2住吉24ビル3

事業内容:マンション、職場への電気自動車充電スタンドの導入·運用

電話番号:045-225-9755

メールアドレス:ys-sales@yourstand-ev.com

ホームページ:https://yourstand-ev.com

トップ導入事例ユアスタンド、広告付きEV充電...

お電話でのお問い合わせ

050-3204-4395

平日10:00~17:30